クリスパー(CRISPR)テクノロジー特許と特許紛争の現状

 

           クリスパー(CRISPR)テクノロジー特許

            初期のクリスパー(CRISPR)特許出願者

            特許紛争

 

 

初期のクリスパー(CRISPR)特許出願者

           UCバークレー、ウィーン大学(ダウドナ(Doudna)/シャルパンティエ(Charpentier))

            CRISPR/Cas9、細胞型に制限されない

           MITとハーバード大学の共同組織ブロード研究所(Broad Institute of MIT and Harvard)(ザン(Zhang))

            CRISPR/Cas9、真核細胞(eukaryotic cell)

           Sigma Aldrich

            ブロード研の真核細胞についてのクリスパー(CRISPR)出願の直後に出願されたが、クレームの特許可能性の証明ができなかったが、インターフェアランスへに参加する機会は得た

           Toolgen

            ブロード研の真核細胞についてのクリスパー(CRISPR)出願の直前に出願されたが、クレームの特許可能性の証明ができなかったが、インターフェアランスへに参加する機会は得た

 

特許紛争

           ブロード研/ハーバード大学とロックフェラー大学 発明者紛争

            仲裁により20181月解決、ブロード研のフェン・ザンだけが、真核細胞のCRISPR/Cas9に関

するIPの発明者とされる。

           UCバークレー(ダウドナ)、ウィーン大学およびシャルパンティエと、ブロード研(ザン)MITおよびハーバード大学

            PTABと連邦巡回区控訴裁判所への提訴(PTAB審決容認、20189)

           インターフェアランスで判断すべき事実なし

           特許性の主張は、異なる主題に関する(ブロード研のクレームは真核細胞の環境でのCRISPR-Cas9システムに制限され、UCバークレーのクレームは何らかの環境に限定されるCRISPR-Cas9システムを対象としていないので、別々の発明)

            20196PTABは、

           USTPOの新たな事件に関する独自の発議で、新たにInterference declared (13件のブロード研特許および1件のブロード研特許出願と、10件のUCバークレーの特許出願について)インターフェアランス手続を開始すると宣言した(依然として真核細胞、しかしアクチベーターとガイドRNAは一つの分子)

           ブロード研は、エストッペル(UCバークレーは最初のインターフェアランスで真核細胞ク レームを提出できたはずだ)に基づき早期終結の申立てを行い、事件変更の申立てを行っているが、審理継続中

 

           UCバークレー(ダウドナ)、ウィーン大学およびシャルパンティエと、ブロード研(ザン)MITおよびハーバード大学

            欧州特許異議 UCバークレー特許

           20173月、欧州特許庁は、真核細胞および原核細胞についての、UCバークレーの広範なクリスパー(CRISPR)クレームを特許する意向を表明した

           5名の異議申立人が、20183月に異議を申し立て、現在審理中

            欧州特許異議 - ブロード研IP

           異議申立人9

           20181 – 201312月に出願された、ブロード研基本特許である468号特許(真核細胞についてのクリスパー(CRISPR))は、取り下げられた。ブロード研の201212月の最も初期の出願には、ロックフェラー大学の発明者が含まれていたが、同人はEP出願では記載されていない。和解が成立しているもの、発明者の記載に関するEP規則によれば、ブロード研は、2012年の優先権を主張できない。その他のブロード研の分割出願も、同じ制限を受けることになる。

           ブロード研は、書式を審査する際に不正確な審査基準が使われたことを理由に、不服を申し立てている。

           審尋が20201月に行われる。

 

           Toolgen

            ブロード研IPについてインターフェアランスを申立てている

           優先権主張日を201210月とする、出願中のCRISPR-Cas9出願がある

           新たなインターフェアランスに参加を申し出たが、USPTOは拒絶

            ソウル国立大学からIP冒認を告発されている

            異議継続中(EP特許は6名の異議申立人から異議申立て)

           Sigma

            20197月、Sigmaは、UCバークレー/ウィーン大学/シャルパンティエのIP

についてインターフェアランスを申立てている

 

新たなインターフェアランスに参加を申し出たが、USPTOは拒絶