情報機構セミナー(10月18日開催)

来る10月18日開催予定の、情報機構セミナーのプログラムです。以下の内容は、最低限、カバーしつつ、より適切な話題もカバーし、また最新の法的論点も検討してみたいと思っています。

 

コメント、ご照会等ございましたら、お寄せください。

 

詳細は、次のサイトをご覧ください。 

 

 

1.NDA

              1)知財法務の導入的な教材としてのNDA

                            【英文NDAの標準的な書式】

              2)共同研究・開発を前提とするNDA

              3)「秘密情報」の定義の仕方

              4)秘密保持義務とその適用除外

                            a) 企業の開示義務との関係

                            b) 教育・研究機関の公益性との関係

              5)「知らせてもらいたくない情報」条項

 

2.共同研究/研究委託契約

              1)英文共同研究/研究委託契約の標準的な構成

                            【英文共同研究契約書の標準的な書式】

                            【英文研究委託契約書の標準的な書式】

              2)教育・研究機関の契約書の特徴

              3)知的財産権の取得と公表

              4)研究成果の発表と秘密保持義務

              5)研究成果の帰属

              6)「共有」条項の問題点

                            a) どこの国の法律が基準になり適用されるか

                            b) 発明地

                            c) 「共有の法律関係を定める合意書」

 

3.ライセンス契約

              1)パテントライセンス契約の標準的な構成

                            【英文パテントライセンス契約の標準的な書式】

              2)著作権等の取扱い

              3)Valid Claim 条項

              4)クレームの有効範囲

              5)研究・教育機関のライセンス契約書の特徴

                            a) March-in Rights とライセンス条項

 

4.契約締結に向けた具体的な作業のイメージ

              1)英文契約書に「コメント」を書き込む

              2)e-mail 等での問合せ

              3)対案の作成

              4)むしろ、契約書を英語版で作成してみる

                            a) 準備しておくべきこと

                            b) どの程度の完成度を目指すか-ドイツ・フランス企業の例

              5)「コメント」を作成し、書き込むには「問題点の認識」が必要

講師割引をご利用の方は、以下のファイルをダウンロードしてご使用ください。

 

講師割引書C78.pdf
PDFファイル 484.8 KB