■ セミナー・講演活動

➦マテリアル・トランスファー・アグリーメント (MTA)逐条翻訳兼研究会

■ 「マテリアル・トランスファー・アグリーメント (MTA)」にご興味のある方は、おられますか。私(渡邉)は、だいぶ前に遺伝子工学関連の仕事でMTA全文を日本語訳した経験があります。このMTAにご興味のある方を募って、港区周辺のながいのできる喫茶店で、マテリアル・トランスファー・アグリーメント (MTA)逐条翻訳兼研究会のようなものをやってみたいと思っています。まあ、たんなる趣味の勉強会ですが(笑)、「ものが、もの」だけに、好奇心の旺盛なかたのい問い合わせを、お待ちしています。なるべく「ムツカシイ」MTAを題材にしたいとも思っています。(2012/07/29)

(1) 資料: Specific Issues with Material Transfer Agreements

ネット上に公開されているMtaerial Transfer Agrrment 関連の資料を紹介するという試みの第一弾(なんか、ぶっそうですが)は、

 

Alan B. Bennet, et al., "Specific Issues with Material Transfer Agreements" 

 

で、以下のURLでダウンロードできます。

 

なかなか、「文献」が手に入らない分野ですので、貴重です。

 

http://www.iphandbook.org/handbook/chPDFs/ch07/ipHandbook-Ch%2007%2003%20Bennett-Streitz-Gacel%20MTAs.pdf

 

 

(2) 日本語の文献:平井昭光「マテリアル・トランスファー・アグリーメント」(情報管理45(12) 2003年1月受理)

マテリアル・トランスファー・アグリーメントというトピックについて日本語で書かれた最初の文献ではないかと思われる。私(渡邉)も、英語のMTAを日本語化する際に、ネット上で探して、読ませていただいた記憶があります。弁護士平井昭光先生による pioneering work だと思います。

 

この論文は、

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/45/12/45_12_858/_pdf

 

から、pdfでダウンロードできるようです。(私は、過去にダウンロードして保管しています。)

(3) Jim Snipes "Template for Material Transfer Agreement"

Covington & Burling というアメリカの名門法律事務所の弁護士 Jim Snipes という先生の書かれたマテリアル・トランスファー・アグリーメントの書式と簡明な解説をしておられるもの。全体像を掴むのには好材料と思います。同弁護士の、プロフィールは(私は、お目にかかったことはありませんので、念のため)、

 

http://www.cov.com/jsnipes/

 

こテンプレートは、以下のURLからダウンロードできます。

 

http://www.iom.edu/en/Activities/Research/DrugForum/2009-APR-27/~/media/Files/Activity%20Files/Research/DrugForum/April27-28/TemplateMTA%2042209.ashx

 

実際には、Uniform Material Transfer Agreement の書式を、各機関・大学で、プロジェクトに合わせて長大化したものが課題にはなると思いますが、信頼のおける文献から「門に入っていく」のも一策かと。

 

情報機構セミナー(10月18日開催)

来る10月18日開催予定の、情報機構セミナーのプログラムです。以下の内容は、最低限、カバーしつつ、より適切な話題もカバーし、また最新の法的論点も検討してみたいと思っています。

 

コメント、ご照会等ございましたら、お寄せください。

 

詳細は、次のサイトをご覧ください。 

 

 

1.NDA

              1)知財法務の導入的な教材としてのNDA

                            【英文NDAの標準的な書式】

              2)共同研究・開発を前提とするNDA

              3)「秘密情報」の定義の仕方

              4)秘密保持義務とその適用除外

                            a) 企業の開示義務との関係

                            b) 教育・研究機関の公益性との関係

              5)「知らせてもらいたくない情報」条項

 

2.共同研究/研究委託契約

              1)英文共同研究/研究委託契約の標準的な構成

                            【英文共同研究契約書の標準的な書式】

                            【英文研究委託契約書の標準的な書式】

              2)教育・研究機関の契約書の特徴

              3)知的財産権の取得と公表

              4)研究成果の発表と秘密保持義務

              5)研究成果の帰属

              6)「共有」条項の問題点

                            a) どこの国の法律が基準になり適用されるか

                            b) 発明地

                            c) 「共有の法律関係を定める合意書」

 

3.ライセンス契約

              1)パテントライセンス契約の標準的な構成

                            【英文パテントライセンス契約の標準的な書式】

              2)著作権等の取扱い

              3)Valid Claim 条項

              4)クレームの有効範囲

              5)研究・教育機関のライセンス契約書の特徴

                            a) March-in Rights とライセンス条項

 

4.契約締結に向けた具体的な作業のイメージ

              1)英文契約書に「コメント」を書き込む

              2)e-mail 等での問合せ

              3)対案の作成

              4)むしろ、契約書を英語版で作成してみる

                            a) 準備しておくべきこと

                            b) どの程度の完成度を目指すか-ドイツ・フランス企業の例

              5)「コメント」を作成し、書き込むには「問題点の認識」が必要